アハヴィーの特徴

アハヴィー化粧品では、お肌の保湿・お肌の潤いにこだわった商品作りを行っています。
また、お客様に安心してお使いいただくために、お肌に負担のかからないよう、 安心・安全の商品作りを行っています。

アハヴィーの特徴1

お肌の“バリア機能”を整える

お肌を美しく保つ為には整った角質層を取りもどし、維持することがもっとも大切です。
その為に私たちは「角質層のバリア機能」に注目しました。

“バリア機能”を高めるしくみ

肌は、表皮・真皮・皮下組織の3層に分かれています。表皮はさらに基底層・有棘層・顆粒層・角質層の4層で構成されており、最深部の基底層で作られた表皮細胞が、約14日間をかけて新陳代謝によって上へ上へと押し上げられ、角質層で“角質細胞”となります。さらに約14日間をかけて角質層を形成し、バリア機能という大切な役割りをして、一番表面まで辿りつき、離れていきます。これが、“肌のターンオーバー”です。角質層の“バリア機能”を高めるためには、正常なターンオーバーが欠かせません。

肌の正常なターンオーバーのしくみと、角質層の構成図

角質層の構成図

角質層には、必要な水分を保ち、外的刺激からお肌を守る“バリア機能”というお肌にとって最も大切な働きがあります。そのためには、角質層のモイスチャーバランスが保たれていることが大切です。“水”“細胞間脂質”“天然保湿因子”のモイスチャーバランスが取れていることが、美しい肌の条件といえます。

  • バリア機能の高い肌

    ●バリア機能の高いお肌

    外からの刺激をはね返し、しみやしわの原因となる紫外線や乾燥などの刺激からお肌を守ります。

  • バリア機能の弱い肌

    ●バリア機能の弱いお肌

    外からのさまざまな刺激をはね返すことができず、潤いを保つことができません。

バリア機能の高いお肌は、外からの刺激にも強い

健康なお肌の角質層は、本来外からの刺激をはね返す“バリア機能”を持っています。
紫外線や細菌、科学物質などの刺激を内部に入れません。また、内部からの水分も外へ逃がしません。

アハヴィーの特徴2

天然由来の自然成分

AHAVI化粧品は、“安心して永く使える”成分を使っています。

AHAVI化粧品は、角質層のバリア機能を整えることでお肌本来の機能を整え、美しい肌を保つことができると考えています。ですから、安心して一生使い続けることのできる成分にこだわりました。お肌にとって大切な成分、糖類・アミノ酸・セラミドなど、天然由来の成分をしっかり配合し、余計な刺激や負担を与えません。

無香料
合成香料は使用していません
無着色
合成着色料は使用していません
弱酸性
お肌のphにあわせ、弱酸性にしています
アルコールフリー
アルコールは使用していません
オイルフリー
オイルは使用していません※1
石油系界面活性剤無添加
石油系界面活性剤は使用していません
旧表示指定成分不使用
旧表示指定成分は使用していません※2

※1 クラスヨフィーシリーズのリキッドファンデーションや美容エッセンスなど、油分が必要なものには「酸化しにくい油分」を使用しています。
※2 クラスヨフィーシリーズには、必要に応じて安全性に留意し添加している商品もあります。

アハヴィーの特徴3

美しさを保つ4ステップ

お肌の“バリア機能”を高め、本来の美しさを蘇らせるAHAVI化粧品

私たちのお肌は、日々、紫外線や毎日のお化粧などの、さまざまな刺激を受けています。
その刺激はシミやくすみ、肌荒れ等の肌トラブルを引き起こそうとします。
しかし、お肌の“バリア機能”が整っていれば、刺激に負けない健やかな状態を保つことができます。
AHAVI化粧品は、肌本来の機能を整え、美しい肌を保つことを目指しています。
お肌の“バリア機能”を高めるために、“洗う”“整える”“補う”“守る”という4つのステップでお肌に働きかけ、
モイスチャーバランスのとれたお肌を目指します。

  • STEP1洗うお肌に必要な潤いをのこしつつ、不要な汚れをきちんと落とします。
  • STEP2整えるお肌の生まれ変わりのリズムを整え、お肌の水分量を維持し、内側から輝くような透明感のある肌をつくります。
  • STEP3補うお肌が潤いで満たされるよう、お肌に必要な保湿成分をたっぷりと補います。
  • STEP4守るみずみずしく潤ったお肌を、紫外線や外からの刺激からきちんと守ります。

お気に入り

ブラウザーのアップグレードを推奨します
古いバージョンのブラウザからは一部機能が使えない場合がございます。ブラウザのアップデートを行ってください。
下記のリンクからブラウザをアップグレードしてください
0 お買い物カート
フリップ商品/アイテムをカートに入れる フリップされた商品/アイテム